足場の種類から見た鳶工の世界

 

皆さんこんにちは。千葉県市原市を拠点に商業施設やプラント・橋梁・鉄塔・駅などの仮設足場・解体足場・特殊足場および塗装工事を手掛ける濵田工業です。


街なかで建築工事の現場を見た時、その建物を取り囲むように組まれた「足場」を目にしたことはありませんか?この足場は、職人が安全に作業をしやすくするように作られた工事には欠かせないもので、実はいくつも種類があります。今回はそんな足場の種類についてご紹介します。 




■足場の種類 


足場は、建築物が完成すれば消えてしまうものですが、現場で働く職人の安全の確保と作業効率の向上のためにはなくてはならないものです。以下でその種類をご紹介します。 



【くさび式足場(くさび緊結式足場・ビケ足場)】 


凹凸が付いたくさびをハンマーで打ち込み、部材同士を接続して組み立てる足場です。一定間隔で支柱を配置し、水平材、斜材などをくさびで緊結して作ります。部材がユニットになっているのでハンマー1本で組立・解体ができ、耐久性やコストパフォーマンスに優れた足場です。


使用対象となる工事:低層から中層の建物工事。外壁の塗り替えなど短期間の補修足場として、高層建築に使用する場合も。 



 【枠組み足場】 


ビルの外壁面に沿って組まれている所を見る機会の多い、最もオーソドックスな足場です。橋梁工事や建築工事など、幅広い現場で使われています。工場で作られた単管と呼ばれる鉄パイプのユニットになっており、脚注ジョイントやジャッキ型ベース金具、床付き布枠、交差筋かい、建枠などの部材で構成されます。組み立てや解体には比較的手間がかかりません。軽いうえに強度があり、安全性に優れた足場です。 


使用対象となる工事:低層から中層の建物工事。 



【単管足場】 

単管にクランプという金具を噛み合わせ、ボルトで固定接続して組み立てる足場です。幅広い現場で使われており、部材は単管以外に布板や建地、腕木、足場板、多筋かい、単管ジョイント、固定型ベース金具などがあります。組み立てと解体にやや手間がかかりますが、幅や足場の高さが任意で調整できるのが強みです。枠組足場が組めない、幅の狭いビルの間などでも活躍します。 


使用対象となる工事:さまざまな工事で使われるが、特に狭いスペースでの現場での使用が多い。 



【吊り足場】 

下から組み上げていく通常の足場と違い、上部から吊り下げるタイプの足場です。鉄骨の梁などから、吊り材によって作業床を支えます。そのため、通常の足場以上に設置作業に注意が必要であり、安全性を確保するため、作業には足場の組立等作業主任者が必要とされます。例えば川をまたぐ橋梁工事の際など、下から足場を組み上げるのが不可能な場所でも設置可能な足場です。 


使用対象となる工事:橋梁やプラントでのボルト締め、溶接工事、鉄筋組み立て作業現場など。 



【移動式足場(ローリングタワー)】 

移動式の足場です。一度組み立てれば、人の手による移動が簡単に行えるのが特徴です。枠組み状となった構造の中に、作業床や手すり、移動用キャスター、昇降用のはしごなどが組み込まれています。また、高さ調整は人の手で行うことが可能です。ビル壁面の全面足場とは異なり、移動しながら必要部分の作業ができるので、仕上げ作業の際に活躍します。 


使用対象となる工事:設備・配管・塗装工事など。特に天井や壁などの仕上げ作業で活躍する。 




■建設業界を支える鳶工に興味のある方は、濵田工業へ 


建築工事の現場作業に欠かせないのは、今回ご紹介したように目的に即した、安全で使いやすい足場です。そしてその足場を作り、建設業界を支えているのが「鳶工(とびこう)」と呼ばれる職人の仕事です。わたしたち濵田工業では、そんな鳶工に挑戦してみたい方を募集しています。当社は特殊足場工事などの実績からその技術力が認められており、仕事が途切れる心配はありません。また、「人を育てる会社」として丁寧に仕事を教えているので、技術が身につきやすいのが特徴です。鳶工の世界にご興味のある方は、濵田工業にぜひ一度ご連絡ください。 



<漫画で見る濵田工業> 

https://www.hamada-kogyo-inc.jp/recruit


【濵田工業では、随時スタッフを募集しています】

ぜひご応募ください!

鳶工(とび職)【未経験歓迎/正社員/福利厚生充実/土日休】

仮設足場工事の施工管理・現場監理(土日休/諸手当充実)