建築工事には欠かせない! 足場工事と塗装の関係とは

 


皆さんこんにちは。

千葉県市原市を拠点に商業施設、プラント、橋梁、鉄塔などの仮設足場・解体足場・特殊足場・プラント足場工事および塗装工事を手掛ける濵田工業です。

「縁の下の力持ち」という言葉がありますが、縁の下ではなくとも塗装における足場の位置付けがまさにコレです。

そもそも建築の維持・メンテナンスには塗装が必須です。当たり前のように渡っている鉄橋や風景の一部としてさほど気に留めない鉄塔も、見た目の美しさや性能を保持するために、数年ごとの塗り替え作業を必要とします。首都東京のシンボル・東京タワーでも、5年に1度の塗り替えを実施して鉄の劣化を防ぎ安全維持につとめているのです。




■足場なくては塗装工事は始まらない



そのような塗装作業に欠かせないのが、足場づくりです。

そもそも足場がないと、高所での作業ができません。これは住宅レベルの外壁塗装においても同様です。

そして求められるのが、確かな安全性。もしも足場が不安定だと工事の質が落ちてしまったり、事故が発生しかねません。

また一口に足場と言ってもさまざまで、塗装する建築や敷地の状況によって異なるタイプが求められます。その現場に応じて適切な足場を組むことで、作業の効率性・安全性を大きく左右し、仕上がりのクオリティも変わってきます。




■実は思いがけないメリットも! 


このように安全性・工事品質の担保に欠かせない足場ですが、実はあまり知られていない効果があるのです。それは会社のPR。

美しく組み上げられた足場は、現場で作業をする職人を守るだけでなく、周辺住民へその工事の安全性をアピールします。したがって工事を主導する建設業者への好感度がアップするだけでなく、完成した建物への信頼性にもつながり、事業主にとってもメリットがあるのです。

またきれいに足場が組まれ、施工会社のイメージシートが貼られていると、PR効果も抜群。会社のイメージアップになり、次の仕事につながるなど集客効果も期待できるという業界内での指摘もあります。



■ニーズが高まりつつある足場工事



ふだん何気なく目にしている足場の重要性が、おわかりいただけましたでしょうか?

鉄塔や外壁の塗装、橋の塗装も高所での作業が多く、常に転落の危険性と隣り合わせの状態です。質の高い安全な塗装を行うためにも、しっかりとした足場工事が欠かせません。また美しく組まれた足場は施工業者や事業主のPR効果にもつながるため、足場工事はニーズの高い職種として、あらためて注目を浴びています。


千葉県市原市の濵田工業は事業拡大につき、社員として働いてくださる人を募集しています。質の高い足場工事や建設業の仕事にご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。


<濵田工業へのお問い合わせ>

http://hamada-kogyo-inc.jp/contact